企業主導型保育とは

 

インターナショナルプリスクール・タノシキッズの企業主導型保育ってどんな保育園?

企業主導型保育とは

  • 様々な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、仕事と子育てとの両立に資する事を目的として、内閣府が平成28年(2016年)度から取り組みを始めた新しい事業です。
  • 保育園を運営する母体(企業)のニーズに応じて、保育所の柔軟な設置・運営を国が助成し、保育所の運営費・整備費の助成金が出るため、認可園並みの運営、設置基準を満たし且つ無理な保育運営を強いられることがないことが、この制度の特徴です。

企業主導型保育の特徴

利用者と施設の直接契約

保育の必要性といった自治体の認定を必要とせず、就労要件などを満たせば、すぐにでも入園が可能なため、待機児童問題などに対しても、スピーディーに対応する出来る事が特徴です。さらに、保育料は、認可園並みもしくは優遇された料金で利用できます。

また保育園運営母体のみならず、利用者、保育士、そして提携先である企業、それぞれに多くのメリットがあります。

タ企業のメリット

  1. 従業員の就労状況に応じたニーズに対応できる
  2. 子育て中の職員の離職率を下げられる
  3. 従業員の福利厚生制度への満足度が向上する
  4. 非正規労働者などにも、保育サービスを提供することができる

利用者のメリット

  1. 就労形態に合わせた託児ができる
  2. 認可保育所並みの利用料金で利用できる
  3. 自宅や職場の近くなど通勤に便利
  4. 職員数や設備に一定の基準があるので安心

保育士さんのメリット

  1. 福利厚生制度充実に力を入れているので、子育てに理解のある場合が多い
  2. 新設オープニングの園が多
  3. 企業の運営に合わせ、休日が充実している場合がある
  4. 無資格でも就業チャンスがある
  5. 預かる人数が少ない場合が多い
  6. 発熱の場合などに保護者と連絡が付きやすい

お気軽にお尋ねください。

 

投稿日:2018年2月4日 更新日:

Copyright© 姫路・加古川保育園|タノシキッズ , 2018 All Rights Reserved.